5月例会開催しました

日時:5月21日(水)19:00〜21:00、場所:新ロイヤルホテル四万十

※Power up例会(家族例会)
講演題目:「救命救急20時」(担当:青少年きずな委員会)
講師:幡多中央消防組合中村消防署
    救命士 宮地 由知氏、救急隊員 沖 晃次氏

 今回のPower up例会では、救命処置について心肺蘇生法とAEDの使用方法について
学びました。講師は幡多中央消防組合中村消防署より をお呼びしました。また、家族例
会として4組の奥様とお子さんが参加してくれました。
 もし、心肺停止した場合、「意識の確認」「助けを呼ぶ」「AEDの手配」「気道の確保」「人
工呼吸」と「胸骨圧迫(心臓マッサージ)」で、AEDと胸骨圧迫の重要性を学びました。
 今回初めてAEDを知った人もいて興味深く聴いていました。また、メンバーの中には消
防団員やスポーツ指導員もおり、AEDの講習をやっているそうなのですが、いざ模擬訓
練では何をしたらいいか、アタフタしている場面がみられました。
 もしもの時、ちょっとした知識で人の命が助かるので、皆さんも積極的に講習に参加し
ましょう。


●例会風景
● Power up例会
講師の宮地さん、沖さん
模擬訓練の備品です。
鎌田委員長がチャレンジ
(消防団員です)
意識の確認 気道の確保
胸骨圧迫 AEDが着ました
(人工呼吸忘れてました)
人工呼吸 奥様も胸骨圧迫にチャレンジ
娘さんもチャレンジ
AED準備 セット完了
 今回は幡多中央消防組合中村消防署の全面的なご協力のもと講習会を開催すること
ができました。厚く御礼申し上げます。
戻る