HOME HOME HOME HOME HOME HOME HOME
HOME > 理事長挨拶
理事長所信

(社)中村青年会議所
52代理事長
弘内 英一郎



はじめに

歴史ある社団法人中村青年会議所、先輩たちが『英知と勇気と情熱』を持って、『明るい豊かな社会』を理想に掲げ、この地域のためにJCの基本的な運動である三信条「修練」「奉仕」「友情」の下、積み重ねてきた歴史があります。第52代理事長に就任するにあたり、その責任の重大さで身の引き締まる思いです。先人である先輩方の形を受け継ぎ将来を発展できるように、過去のものを継続し、未来を切り開きます。

この2008年度が、社団法人中村青年会議所に関わる方々、会員の皆様、そして社団法人中村青年会議所にとっても実りある一年とできるよう、全力で取り組んでいく所存ですのでどうぞ宜しくお願い致します。           

                 
これからの地域のために

戦後、荒れ果てている時代の中、当時の若者は何を目にし何を思いどう行動していたのか。「何かをしなければ・・・」「どうすれば・・・」というような心の底から湧き上がる熱い思いで行動していたに違いありません。家族を思い、仲間を思い、そして地域や日本の事を思い、豊かな明るい社会の実現のために、熱い情熱があったからこそ中村青年会議所の創設に繋がったのだと思います。その情熱こそ青年会議所の原点だと考えます。

その原点である「先人の精神」を、これまでの51年間受け継ぎ、JCスピリットが、存続していたのもこの地域の人が好きだから、そしてこの地域を愛しているから、これまで1957年から始まる社団法人中村青年会議所の歴史でもある、青少年の育成事業、社会奉仕事業、地域産業を発展させる事業などさまざまな活動が地域に果たして来た役割は、大きかったことだと考えます。そういった先人の行ってきた事業(功績)を受け継ぎ継続させなければなりません。

われわれは、さらに活動を進め地域社会の未来に対し、強い責任を持ち「先人の精神」を、受け継ぎ次世代に渡すため未来を発展させていきます。


これからも地域と歩む為に

 21世紀に入り社会はどう変わったのでしょうか?現在の日本を見てみると経済第一主義となり、物質的には豊かな国とはなりましたが、しかし行政や企業の不祥事が、ほぼ毎日続いていますし、また私どもの宝である子どもを巻き込んだ悲惨な事件が途切れることなくニュースで取りざたされています。そして先の見えない政治・経済不況・人口減少の問題・高齢者増の問題・少子化問題・医師問題・環境問題などなど、数え上げれば限りがないほど問題があります。このような社会風潮・情勢の中われわれ()中村青年会議所は、「修練」「奉仕」「友情」の三信条という柱を基にリーダーシップを発揮して、今現在の社会風潮・情勢などを変えなくてはならないという大きな役目があります。われわれJayceeも行き過ぎた経済至上主義や個人主義といった風潮に流されてはいけません。はきちがえた利己主義が進み他人に無関心な「自分達さえ良ければ良い」と考える人が、今世の中には多いと私は思います。

 だからこそ今われわれが「先人の精神」と共通の価値観で、「心ある地域に」作り上げるよう努力すべきです。目では見えないけど心を持った人々が溢れる地域に、われわれの柔軟な発想と英知と勇気と情熱を持った行動力で綱領にもある明るい豊かな社会を築いて行く、この先5年後そして10年後のこの地域の課題を予測し、その課題を形にした上で心ある活動をしていきます。


未来ある子ども達の心の育成

われわれ社団法人中村青年会議所は、数多くの青少年の育成事業を先人の時代から展開させていただいております。しかし今の社会では毎日といっていいほどニュースで取りざたされている、私たちの宝である子どもに関係した悲惨な事件、そしてこのような時代背景で育っていく子ども達、このままでよいのでしょうか。この地域で子ども達の悲惨な事件をだしてはいけません。本当にわれわれがしっかりと、子ども達の育っていく過程の中で、人と人の関係をしっかりと伝えていかなければなりません。本年はテーマの中の1つでもある「心」というものを、しっかりと、私達が関わっていく子ども達に、伝えていきたい。「他人の心の痛みを感じる」という心をはぐくみたい。これからのわれわれの考え方、動き方一つで地域も、そして大事な大事な子ども達の考え方、生き方も変わると思いますし、地域の5年後10年後そして50年後の未来も変ってくると私は信じています。


地域のリーダーであるべきJayceeとして

全国約713 LOM、約4万人そして世界で26万人以上もいる青年会議所のメンバー数も年々少なくなっております。われわれ社団法人中村青年会議所も同じであります。これも経済不況のあおりなのか、それとも青年会議所自体の魅力がないのかは定かではありません。われわれ青年会議所は、明るい豊かな社会を築き上げるために、青年の英知と勇気と情熱をもとに毎年基本理念を掲げ社会奉仕を行っています。そしてしっかりとした施策を打ち出して進んでいるのは青年会議所であります。今でも地域社会において、青年会議所を卒業した各先人が、何らかのかかわりを持ち地域に根を張り貢献しております。このように青年会議所は、まちづくりの出来る人間をたくさん輩出して参りました。会員そして新入会員は、まちづくりが出来る経済人に育たなければいけません。そのためには地域の課題をしっかりと把握しその課題に対しどのように取り組んでいくか検討し、みんなで力を合わせ行動していくことが大事だと思います。そういった運営を続けることで地域に対して本当のわれわれを見せることが出来ますし、会員数を拡大していくことで、青年会議所の活力ある運営も出来ると思います。


歴史ある友情のために

本年2008年は社団法人枚方青年会議所との姉妹締結35周年にあたります。197311月から続くこの長い歴史もわれわれの先人たちの行ってきた形の中の1つであります。今現在も続く枚方市と四万十市の友好姉妹都市の架け橋となったのも互いの青年会議所であります、先人の思いの強さがあったからこそ、なしえた功績だと考えます。私は1999年に(社)中村青年会議所に入会せていただいてから毎年()枚方青年会議所とは強い友情でこれまでお付き合いをさせていただきました。これも先人の皆様方の強いつながりがあったからです。

 われわれも先人のように地域への思いをこれまで以上に強くし、友情を積み重ね、それを次世代に伝えるために、この積み重なった35ページ目をしっかりと作り上げ、継続してきた友情をこれからの世代に伝えていきます。

高知ブロックを元気に

 高知ブロック内の7 LOMの青年会議所が集い、会員大会を開催する事により、メンバー一人ひとりの更なる友情を築き、繋がりを一層深めること、そして一番の目的は各青年会議所の日頃の活動内容を話し合い地域の課題に対して成果を出していく為の企画をし、そして開催した結果、各青年会議所が新しい発見をし、地域に対するビジョンを示す必要があります。開催地LOMの青年会議所として、こういった意義でブロック会員大会を成功させたいと思います。


結びに

社団法人中村青年会議所が、今年、地域社会に対して発信してゆく活動は、われわれメンバー全員が、同じ価値観でなければならないし、地域社会に対する価値観と、社団法人中村青年会議所に対する価値観が同じでなければならないと思います。

地域と共に歩んだ51年、そして今からも共に歩くこれからの未来。
「先人の精神」を引継ぎわれわれ社団法人中村青年会議所の力で地域を元気に、
そして心ある地域にし、これからも地域と共に歩みたい。
2008年度基本理念・スローガン

「継 往 開 来」

心ある地域に、作り上げよう われわれの力で!
      基 本 方 針

1. 地域と共に歩むJCの形作り
2. 心ある青少年育成
3. 会員意識の向上と会員拡大

4. 姉妹JC締結35周年の交流会

5. ブロック会員大会の成功
ページの上部へ
社団法人 中村青年会議所
事務局:〒787-0029 高知県四万十市中村小姓町46 TEL (0880)34-2692/FAX (0880)34-5026
ホームページ企画・運営/社団法人 中村青年会議所
Copyright 2006 Nakamura Junior Chamber,Inc. All Right Reserved