社団法人中村青年会議所

●未来のJC会議


■メンバー
議長
◎土森 正一
◎は理事


<基本方針>

 「IからWEへ」は、まさしく「未来のJC会議」の活動方針そのもののキャッチフレーズであります。(社)中村青年会議所も発足から53年が過ぎ、色々な面でこの地域には無くてはならない団体となり、活動を続けています。しかし、地域における私達の貢献度はどのようなものか、また、JCに入会して卒業するまでの間、会員自身は大きく人間の品性を伸ばせているのか、また他の観点から、会員自身がどうしてJCに入って、仕事のほかに、大きく時間を費やして、このような活動をしているのか、これが本当に正解なのだろうか、色々な意見があると思います。今、改めて青年会議所のことをじっくりと、考えなくてはならない時期に来ているのではないでしょうか。
 この会議では理事長職について考えていきたいと思っております。まさしく今までは理事長はIでした。1年間大きな責任があり、多忙を極めています。これからの青年会議所では理事長(I)がしなければいけないところはしていかなければなりませんが、かまわない所は会員(WE)で助けていくことが必要になるのではないかと思います。
 さらにこの会議は理事長経験者や理事長有資格者などで構成されます。重厚な意見が出ることが予想され、適材適所で(社)中村青年会議所への提言を行っていきたいと考えております。


<事業計画>

(1)理事長職の検証
(2)公益社団法人格取得に向けての情報収集
(3)幡多3JC交流事業の企画、実施(4月)

幡多3JC合同例会開催
日時:2009年4月17日(金) 19:00〜21:00
場所:新ロイヤルホテル四万十